ファッションと平和を愛した紳士

今日はちょっと遠出して東京駅の大丸で開催されているサプール写真展を見に行ってきました!
サプールとは、アフリカのコンゴという国の文化の一つであり、少ない月収から少しずつお金を貯めて高価なスーツに身を包んだ紳士達のこと。
彼らが有名になったのは、ファッションを心から愛する姿勢や、自分のスタイルを貫くこと、そしてそのスタイルを通じて平和への願いを込めていることが世界中の人々の心に届いたからだと思います。
写真展は一人500円で、入場するとまず目にするのがあのドン小西さんの言葉!笑
人生は短いのだから、自分がどう生きたいのか、どういったスタイルを貫くのかが大事、という言葉が、最近迷いがちな私の心にヒット。笑
写真展を見ていくと目に入ってくるのはサプール達のカラフルな服の色!色!色!!
ショッキングピンクのスーツをこんなに素敵に着こなす人がいるなんて!というかこんな服どこで売ってるの!という驚きと共に、彼らの素敵な笑顔に写真を見ているこっちも笑顔になってしまいます。
彼らの服の多くは親から譲り受けたものや、少しずつお金を貯めて買ったもの。印象に残ったのは、毎月一つずつベルト、ネクタイ、シャツというように少しずつ集めていくんだ、という言葉。ファッションを心から愛し、大事にし、その価値を認めているからこそそういう素敵なお金の使い方ができるのだなぁと思いました。
もう一つ彼らの素敵なところは、高価な服をただ集めているだけでなく、その服に合うような心を持っていること。
サプールはエレガントで、礼儀正しく、他人を尊敬し、嫉妬や争いとは無縁の人々のことだ、という言葉にもあった通り、とにかく争いを嫌いハッピーでいることを大事にしています。特に平和、平和と頭ごなしに言うのではなく、高価な服が汚れるから争いはしたくない、というなんだか日本の昔の江戸っ子のような粋な言葉の数々は親しみやすく、すっと胸に入ってくるようでした。
安い服を買ってはすぐに着なくなったり、周りに流されたりしがちな自分を反省すると共に、こんな風に生きたい!と思わせてくれた写真展でした。管理人のお世話になってるサイト>>>>>頭皮ケアシャンプー

インコを動物病院に連れて行った時

我が家ではインコが同居しています。最初にセキセイインコが我が家に来て20数年になり、巣の外に出して遊んだあと入口をそのままにして猫にもっていかれたり、大型の鳥に掬い取られたりして2代目以前は飼い主の不注意で寿命を終えいなくなった寂しさ以上に、セキセイインコといえど命に責任を感じました。 三代目のインコは飼育して10年過ぎ頃、お尻の肛門付近に腫物ができて その時初めて動物病院へ行って診察を受けました。 その時の獣医師の対応は今も心に残ります。 診察室のカーテンを閉め部屋を薄暗くして、インコを左手に乗せ診た後、今メスを入れて切除することも選択出来ますがメスを入れただけで死んでしまう可能性も高いし、そのリスクより鳥として、ペットとしての命を全うさせる道もあると言われました。 その言葉が腑に落ちました。家に連れ帰り、1か月くらいは水や餌を通常どうり啄んでいましたが、腫物がだんだん大きくなり重いのか痛いのか 巣の中で止まり木へ移るのに舞い上がることができなくなり、そのうち羽を膨らましてうずくまる様になって数日で命を終えました。頑張って生きたね、獣医師の言った通りペットとして充分な癒しを貰ったことに感謝しました。4代目のセキセイインコもすっかり私たち夫婦の心の中に入り定住したかのようです。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>http://xn--senobic-s41mq33bxj6i.xyz/

定年退職まで勤めあげた仲間との食事会にて

年齢差が5~6歳で同じ時代を生き、定年まで勤め上げたか間もなく定年を迎える10人のグループで、このほど退職した人のお祝いを兼ねた食事会が昨夜ありました。 同じ会社で同じ時期に20年から30年籍を置いてそれぞれの子供さんの成長過程も解り合っている仲間だけに 聞いたらいけないことは自然に避けつつ ざっくばらんな会話で盛り上がりました。 育児や悩み介護で苦しんだ人が、まだ渦中で右往左往している人へ体験談や助言をしたりしているのを聞くと 私自身も姑の存在の大きさに打ちのめされそうになっていた頃を思い出していました。 夫と出会い夫の親を拒否する訳は全くなく、それでも支配されている重圧感で長いこと苦しみましたが、数年前義父、義母とも見送った後、喧嘩もせず従っていて良かったと思います。 古風な生き方だったけれど、今では安穏な生活をもたらしてくれた様にさえ思っています。 定年まで誰しも一度や二度辞めたいと思う事があっても勤め終えた感慨と似たところがあり静かな達成感は仲間其々共通する思いです。今日の主賓もお疲れ様、ご苦労様の皆の言葉に思いが詰まり、長い年月があったからこその感動の涙を溢れさせていました。思いが通じるだけにリタイアー後も 仲間なのだなと思いました。おすすめサイト⇒そばかす用薬用クリームフレキュレルの効果に多数の驚きの声!